2020年3月21日

0

    2020年3月21日(土)

     

    9:30〜12:00 東浜

    シロチドリ 16

    ダイゼン 182

    キョウジョシギ 14

    オオソリハシシギ 5

    ダイシャクシギ 3

    ホウロクシギ 1

    オバシギ 12

    ハマシギ 870

     

    ズグロカモメ 46

     

    12:50〜13:10 大新田

    ダイゼン 120

    オオソリハシシギ 3

    ホウロクシギ 1

    アオアシシギ 3

    オバシギ 12

    ハマシギ 3670

     

    13:20〜13:40 三百間

    シロチドリ 3

    ダイゼン 122

    キョウジョシギ 31

    ハマシギ 816

     

    13:45〜14:20 蛎瀬川河口

    イソシギ 2

     

    ツクシガモ 10

    ヘラサギ 2

    クロツラヘラサギ 4

     

    14:39 田尻のたんぼ

    コチドリ 1

     

    15:15 鍋島

    オオソリハシシギ 1

    オバシギ 1

     

    16:30〜17:00 東浜〜大新田

    ダイゼン 498

    キョウジョシギ 12

    ダイシャクシギ 1

    アオアシシギ 4

    オバシギ 12

    ハマシギ 3500

     

    ズグロカモメ 27

     

    ------------------------------------------------------------

    <コメント>

    ・3月の春のお彼岸の時期に合わせてシギ・チドリ類のカウントを行った。

    ・過去の調査で、例年この時期は中津干潟で越冬している個体群に春の移動の群れが加わり、ハマシギやダイゼンなどは一年で最も個体数が多くなることがわかっている。

    ・今年もダイゼン498羽やハマシギ4486羽(干潮時の大新田+三百間の群れ)は越冬期よりも個体数が増加していた。

    ・現在国内でハマシギの4000羽を超えるような大きな群れが観察される場所は有明海と中津干潟だけであろう。国内におけるシギ・チドリ類の大規模飛来地として中津干潟は極めて重要な干潟である。

    ・ハマシギとダイゼンは朝の引き潮時に東浜へ飛来した群れはあまり個体数が多くなかったが、東浜が干出しきってシギ・チドリが大新田〜三百間の沖へ広く分散しているときにカウントすると多くの個体数が記録された。また、夕方満ち潮時に東浜に集まってくるときにも個体数はかなり多かった。東浜はカウントがしやすい場所ではあるが、潮のタイミングや日によって飛来する個体数は大きなばらつきがある。潮のタイミングを見て一日に複数回カウントしたり、中津干潟の広い範囲をカバーした調査を行わなければ、中津干潟の真の飛来状況を把握することはできない。

    ・オオソリハシシギ、オバシギ、ホウロクシギなど春の渡りの早い個体が飛来しているのが記録された。

    ・ズグロカモメやヘラサギ、クロツラヘラサギなど繁殖羽へと換羽している個体が観察された。

     

    生殖羽のズグロカモメ

     

    渡りが早いホウロクシギ

     

    オバシギの群れ

     

    ヘラサギとクロツラヘラサギ

     

    冠羽が伸びたヘラサギ。風で逆立っている。

     

    ツクシガモのオス成鳥。くちばしの上に小さなコブが膨らみ始めている。

     

    満ち潮で東浜へ集まりだしたハマシギの群れ

     

    夕方東浜に集まってきたシギ・チドリ類の群れ

     

    <和田>


    コメント
    コメントする