2020年1月14日

0

    2020年1月14日(火)

     

    8:40〜9:20 東浜

    シロチドリ 62

    ダイゼン 144

    キョウジョシギ 32

    ハマシギ 1760

    ズグロカモメ 78

     

    9:30〜9:55 蛎瀬川河口

    ツクシガモ 25

    クロツラヘラサギ 6

     

    10:05〜10:30 大新田

    ヨシガモ 495

     

    大新田沖(中津港から観察)

    スズガモ 30+

    ホオジロガモ ♀1

    ビロードキンクロとクロガモの群れ 50+

    ウミアイサほか

     

    11:00 今津沖

    アビ類(オオハム?) 2

    ビロードキンクロもしくはクロガモの群れ 45+

     

    11:10 ダイハツ敷地内の池

    オナガガモ 500+

    トモエガモ 3

    ホシハジロ 78

    キンクロハジロ 3

    マガモ、ハシビロガモ、ツリスガラなど

     

    14:00〜14:50 東浜

    シロチドリ 50

    ダイゼン 104

    ダイシャクシギ 4

    ハマシギ 400

     

    ズグロカモメ 32

     

    15:30〜15:40 大新田

    シロチドリ 2

    ダイゼン 65

    オオソリハシシギ 1

    アオアシシギ 6

    ハマシギ 1294

     

    ズグロカモメ 4

     

    15:50〜15:10 三百間

    シロチドリ 10

    ダイゼン 108

    ハマシギ 407

     

    ズグロカモメ 13

    ホオジロガモ ♂2

    沖合にビロードキンクロもしくはクロガモの群れ 270+

     

    16:15 蛎瀬川河口

    ツクシガモ 23

    クロツラヘラサギ 7

    ヘラサギ 2

     

    -------------------------------------------------------------------

    <コメント>

    ・シギチドリ類を中心にカウント・観察を行った。

    ・前日と比べて風は弱かったが、一日小雨が降る天気で暗かった。

    ・朝の満ち潮時と夕方の引き潮時にシギチドリ類をカウントして、全体に個体数は少なめであったが、東浜ではシロチドリが60羽以上の群れで記録された。中津干潟ではシロチドリの通過・越冬個体数は少ない年が多いので、今後も状況を記録したい。

    ・ダイシャクシギは今冬は4羽が越冬しているようである。

    ・前日に比べ風が弱かったことから、中津港から大新田沖をフィールドスコープで観察すると、ビロードキンクロの群れがいて、よく観察するとクロガモ(フィールドスコープでメスの顔などの特徴も確認できた)も混じっているのを確認した。午後の干潮時には三百間の沖に同様の大きな群れが入っており、少なくとも270羽以上がいた。

    ・ヘラサギ類は午前中の観察ではクロツラヘラサギ6羽だけであったが、夕方もう一度確認に行くとクロツラヘラサギ7羽・ヘラサギ2羽になっていた。

     

    満ち潮時に東浜で採餌するハマシギの群れ

     

    満ち潮時の東浜

     

    潮が満ちてねぐらへと飛び立ったシギ・チドリ類の群れ

     

    泥干潟で採餌するツクシガモ

     

    クロツラヘラサギとヘラサギ

     

    ズグロカモメ

     

    トモエガモのオス

     

    <和田>

     


    コメント
    コメントする