2019年4月20−21日

0

    2019年4月20日(土)

    9:30〜10:15 東浜

    ダイゼン 113

    オオソリハシシギ 12

    チュウシャクシギ 71

    ダイシャクシギ 1

    ホウロクシギ 3

    イソシギ 1

    キョウジョシギ 14

    オバシギ 3

    トウネン 3

    ハマシギ 470

     

    10:30 舞手川河口

    クサシギ 1

    イソシギ 1

     

    11:30〜12:30 東浜

    ダイゼン 322

    オオソリハシシギ 67

    チュウシャクシギ 103

    キョウジョシギ 17

    オバシギ 7

    ハマシギ 1650

     

    ズグロカモメ 1

     

    4月21日(日)

    6:40〜9:00 大新田〜東浜

    ダイゼン 372

    オオソリハシシギ 65

    チュウシャクシギ 108

    ダイシャクシギ 3

    ホウロクシギ 5

    ソリハシシギ 1

    イソシギ 1

    キョウジョシギ 99

    オバシギ 2

    コオバシギ 2

    トウネン 1

    ハマシギ 2500

     

    ズグロカモメ 1

     

    13:30 蛎瀬川河口

    タシギ 2

    イソシギ 2

     

     

    大新田後背地(東浜〜舞手川までの海岸林・農地・河川汽水域)で観察した鳥類

    カルガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ

    コゲラ、ハヤブサ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒバリ

    ツバメ、ヒヨドリ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ

    シロハラ、ツグミ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ

    スズメ、アトリ、カワラヒワ、ホオジロ、ホオアカ、アオジ

     

    ---------------------------------------------------------------------

    <コメント>

    ・春の渡り期のシギ・チドリ類のカウントを行った。

    ・満潮時には東浜のテトラの上でシギ・チドリ類は休息していた。

    ・両日とも晴天で気温が上がり、潮が引いた干潟にシギ・チドリ類が移動すると、陽炎の影響でカウントはかなり困難であった。そのため潮の引き始めと満ち終わりに東浜や周辺に集まってきたシギ・チドリ類を中心にカウントを行った。

    ・オバシギは4月が飛来のピークになる種だと思われるが、ごく少数しか記録されず、気がかりである。

    ・チュウシャクシギが100羽を超えており、今年は飛来の時期が早いのかもしれない。

    ・オオソリハシシギが67羽しかカウントされず、GW頃にまだ数が増えるのかどうか注目である。

    ・ダイシャクシギとホウロクシギは潮が引いても東浜の岸近くの泥質部に残って盛んにヤマトオサガニなどを採食していた。

    ・中津市内は田んぼなどの後背湿地で過去にシギチがよく入っていた場所も見て回ったがどこも乾いており、シギチが利用できそうな場所が全くない状況であった。

    ・21日の満潮時に大新田の後背地の海岸林・農地・河川汽水域を歩いて探鳥した。オオルリ・キビタキほか渡り途中の小鳥類やハヤブサ2羽などが観察された。

     

    東浜のテトラの周りを飛ぶハマシギの群れ

     

    東浜のテトラにとまるシギ・チドリ類の群れ

     

    干潟の汀線沿いで採餌するホウロクシギとオオソリハシシギ

     

    東浜で休息するホウロクシギとダイシャクシギ

     

    鉄塔にとまるハヤブサ。よく見ると上にもとまっていて2羽である。

     

    大新田の海岸林で観察したキビタキ。さえずっていた。よくコジュケイの鳴きまねをしていた。

     

    干潟にはカブトガニ。うかつに歩けないほどそこら中にいっぱいいました。

     

    <和田>

     


    コメント
    コメントする