2019年3月15−16日

0

    3月15日(金)

     

    12:30〜12:45 東浜

    ダイゼン 364

    メダイチドリ 2

    キョウジョシギ 47

    ハマシギ 3867

     

    13:50 蛎瀬川河口

    イソシギ 1

     

    ズグロカモメ 42

    クロツラヘラサギ 10

     

    14:40 田尻の田んぼ

    タシギ 8

     

    14:50 田尻マリーナ

    シロチドリ 11

     

    15:20 鍋島

    ダイゼン 14

    シロチドリ 17

    メダイチドリ 22

    ハマシギ 222

     

    オオタカ 1

     

     

    3月16日(土)

    9:30〜9:40 東浜

    ダイゼン 179

    ハマシギ 3200

     

    9:50〜9:55 三百間

    ダイゼン 140

    オオソリハシシギ 1

    ハマシギ 429

     

    13:15〜14:30 東浜

    シロチドリ 11

    キョウジョシギ 25

     

    ツクシガモ 1

    ズグロカモメ 33

     

    14:55〜15:20 鍋島

    シロチドリ 5

     

    クロツラヘラサギ 14

    ヘラサギ 6

     

    15:35〜15:50 蛎瀬川河口

    イソシギ 1

     

    ズグロカモメ 25

    クロツラヘラサギ 1

     

    16:00〜16:40 東浜

    ダイゼン 357

    シロチドリ 11

    キョウジョシギ 45

    オオソリハシシギ 1

    ハマシギ 2800

     

    ズグロカモメ 44

     

     

    ---------------------------------------------------------------

    <コメント>

    ・モニタリングサイト1000の調査期間外ではあるが、例年中津干潟では3月のお彼岸の頃にハマシギなどの個体数が増加することが分かっており、毎年この時期にカウントを行っている。

    ・今回もハマシギは15日の東浜と鍋島のカウント数を合計すると4,089羽となり、中津干潟の越冬個体群よりは増加している。3月に入りそろそろ春の移動が始まり、中津干潟の越冬個体群に国内の周辺地域で越冬していた群れが移動の途中で合流したものではないかと思われる。

    ・オオソリハシシギ1羽が記録されているが、冬の間もずっと1羽が記録されており、越冬個体の可能性が高い。

    ・クロツラヘラサギは16日に合計で15羽、ヘラサギは6羽がカウントされた。両種とも中津干潟での最大飛来数となった。これも移動途中の群れが合流したものと思われる。

    ・16日は一日中風が強く、午前中は雨も降り、調査がなかなか困難であった。

     

    東浜に集まってきたダイゼン・ハマシギの群れ

     

    ズグロカモメ 頭が黒くなってきているものが多かった。

     

    クロツラヘラサギの群れ

     

    採餌を始めたクロツラヘラサギ

     

    伸びをするクロツラヘラサギ

     

    ヘラサギ・クロツラヘラサギの群れ

     

    ヘラサギ

     

    オオタカ

     

    ヨシガモ オス

     

    婚姻色が出てきているアオサギ

     

    タシギ

     

     

    <和田>


    コメント
    コメントする