2017年度冬期シギ・チドリ類調査結果

0

    2017年度冬期(12-2月)の中津干潟のシギ・チドリ類調査結果

     

    調査日数は9日

    種ごとの最大個体数は

     

    タゲリ 1

    ダイゼン 321

    シロチドリ 58

    メダイチドリ 1

    タシギ 2

    オオソリハシシギ 1

    ダイシャクシギ 2

    アオアシシギ 10

    クサシギ 1

    イソシギ 1

    キョウジョシギ 34

    ハマシギ 1,847

     

    12種 合計2,279羽が記録されました。

    その他の干潟性鳥類としては

    ズグロカモメ 93

    ツクシガモ 19

    クロツラヘラサギ 4

    など

     

    この冬はハマシギの越冬数が例年より少なかったです。昨年夏のアラスカの繁殖地の状況が良くなかったという話もあり、その影響かもしれません。

     

    今後も中津干潟のシギ・チドリ類の飛来状況の調査を続けていきます。

     

    <和田>


    コメント
    コメントする