2017年春期シギ・チドリ類調査結果

0

    2017年春期(4~5月)のシギ・チドリのカウント調査結果をまとめました。

     

    調査日数:3日

     

    種ごとのシーズン最大個体数は

     

    ダイゼン 367

    コチドリ 1

    シロチドリ 5

    メダイチドリ 19

    タシギ 1

    オオソリハシシギ 56

    チュウシャクシギ 113

    アオアシシギ 8

    キアシシギ 156

    ソリハシシギ 15

    イソシギ 2

    キョウジョシギ 63

    オバシギ 5

    コオバシギ 2

    トウネン 41

    ウズラシギ 2

    ハマシギ 3,676

     

    確認種数 17種

    総個体数 4,532羽

     

    となりました。

     

    ちなみに昨年(2016年度)の春期結果は20種、5,329羽で、そのうちダイゼンが493羽、ハマシギが4,284羽でしたので、優占種となるこれら2種のカウント数は昨年の方がやや多かったようです。今シーズンは調査日数が3日と少なかったため、うまくピークを捉えきれていない可能性もあります。

    昨年春はサルハマシギやキリアイ、オグロシギも記録されています。

     

    オオソリハシシギは春の渡りのシギ・チドリの代表種で、かつては東浜に数百羽の群れで飛来していた記録がありました。私たちの調査でも2013年までは100羽を超える個体数がカウントされていましたが、昨年春は最大で81羽、今シーズンは56羽と少ない状況が続いており、飛来数の減少が危惧されます。

     

    今後も調査を継続していきます。

     

    <和田>

     


    コメント
    コメントする