2016年9月22日

0

    2016年9月22日

     

    8:20〜8:40 三百間

    ダイゼン 49

    シロチドリ 8

    オオソリハシシギ 2

    トウネン 1

     

    ソリハシシギ、キョウジョシギ、オバシギ、コオバシギ、ハマシギなど。

    カウント中にシロチドリ以外の群れが飛び、いなくなった。大新田に群れが降りているのが見えたため、大新田へ移動。

     

    9:00〜9:30 東浜〜大新田

    ミヤコドリ 1

    シロチドリ 3

    メダイチドリ 2

    ソリハシシギ 5

    キョウジョシギ 14

    オバシギ 80

    コオバシギ 11

    ハマシギ 139

     

    大江川河口部に集まってきたシギチをカウント。最後にダイゼンをカウントしようとしたところで潮が満ちてきて群れが飛んでしまい戻ってこなかった。ねぐらへ飛んで行ったものと考えられる。

    ミヤコドリ1羽は単独行動で、大新田の干潟に姿を確認後すぐ飛んで、中津港を超えて東方面へ飛び去る。

     

    9:50〜10:15 蛎瀬川河口

    アオアシシギ 1

    アカアシシギ 1

    キアシシギ 1

    ソリハシシギ 31

    ハマシギ 2

     

    11:20 大新田 後背の田んぼ

    タカブシギ 2

     

    11:30 大新田

    ヨシガモ 138

    シマアジ 1

     

    ヒドリガモ、コガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロなど

    ヨシガモ・ヒドリガモはコアマモを盛んに食べていた。

     

    12:00 東浜 後背の田んぼ

    コチドリ3

    タシギ 4

    イソシギ 1

     

     

    午前中合計

    ミヤコドリ 1

    ダイゼン 49

    コチドリ 3

    シロチドリ 11

    メダイチドリ 2

    タシギ 4

    オオソリハシシギ 2

    アオアシシギ 1

    アカアシシギ 1

    キアシシギ 1

    ソリハシシギ 36

    タカブシギ 2

    イソシギ 1

    キョウジョシギ 14

    オバシギ 80

    コオバシギ 11

    トウネン 1

    ハマシギ 141

     

     

    15:40〜16:00 蛎瀬川河口

    アオアシシギ 1

    アカアシシギ 1

    キアシシギ 1

    ソリハシシギ 46

    イソシギ 1

    ハマシギ 1

     

    16:25〜17:25 東浜〜大新田

    ダイゼン 163

    シロチドリ 28

    オオソリハシシギ 1

    チュウシャクシギ 6

    ソリハシシギ 8

    キョウジョシギ 29

    オバシギ 89

    コオバシギ 6

    トウネン 7

    ハマシギ 108

     

    午後の合計

    ダイゼン 163

    シロチドリ 28

    オオソリハシシギ 1

    チュウシャクシギ 6

    アオアシシギ 1

    アカアシシギ 1

    キアシシギ 1

    ソリハシシギ 54

    イソシギ 1

    キョウジョシギ 29

    オバシギ 89

    コオバシギ 6

    トウネン 7

    ハマシギ 109

     

    ※太字は日最大個体数や特筆種

     

    ------------------------------------------------------------

    <コメント>

    ・干潮が早朝と夕方遅くの時間であったため、カウント中に潮が満ちてきて群れが飛んでしまったりしてじっくりカウントできなかった場所や種類がある。ダイゼン・オバシギなどは実際にはもう少し多くいたものと思われる。

    ・中津干潟における秋期のシギ・チドリの利用状況は、潮が引くと三百間沖の干潟に多くのシギチが飛来し利用する場合が多いが、今回は三百間には最初少し群れが降りるものの、すぐ東浜〜大新田の方へ移動していったのが確認された。ハマシギの個体数が少し増えてきていることもあるのか、秋期よりも越冬期の行動に近い利用状況になっていると感じられた。

    ・蛎瀬川河口ではソリハシシギ・アオアシシギ・アカアシシギなどの群れが潮の干満でも移動せずにずっと利用してるようであった。

     

     

    大新田沖のカモの群れの中に見られたシマアジ

     

    蛎瀬川河口に観察されたアカアシシギ 嘴を泥の表面につけて盛んに左右に振りながら泥中の餌を探したり、水際を走ったりして採餌していた。

     

    夕方潮が引きはじめた東浜に飛来したダイゼン・オバシギ・コオバシギ・ソリハシシギ・ハマシギなどの群れ。東浜に次々に群れが飛来し、潮が引くとともに大新田の西側(大江川河口周辺)に移動していった。

     

     

    <和田>

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM